花嫁さまと一緒にバージンロードを歩かれたり、披露宴で最後にスピーチをされたり、ゲストの方にお酌をされたり・・・と、目立つシーンの多いお父さま。
だからこそ、晴れの舞台にふさわしい服装に身を包んでいただきたいものですよね。

今回は、結婚式の準主役とも言える、お父さまにスポットを当てていきます。
Wedding Tipsより、結婚式の父親の服装として人気の「モーニング・コート」についてご紹介します。

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像

www.dailymail.co.uk

正礼装「モーニング・コート」とは

モーニング・コートってなに?

正式名称はモーニング・コート(morning coat)。
名前の通り、朝から昼間にかけての正礼装です。

ウェストから流れるような曲線的なラインが特徴で、スマートで紳士的な印象となります。
日本の結婚式においては昔からモーニング・コートが最も格式の高い正礼装とされています。

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像

http://www.laraluce.jp/

お写真に写った姿も、やはりモーニング・コートだと晴れの日らしくステキです☆

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://kazoku-wedding.jp/

モーニング・コートのはじまり

モーニング・コートは1800年代初頭、ヨーロッパにて誕生しました。
それまで外出着として着用されていたフロックコート(裾が膝丈まであるコート)では、馬に乗る際、長い裾が邪魔になるので前の裾を斜めに大きくカットして着用するようになった、これがモーニング・コートの原型と言われています。

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像

http://elusivemu.se/

モーニング・コートに必要なアイテム

モーニング・コート一式には、下記のようなものが必要になってきます。

◆黒のコート
◆グレーのベスト
◆縦縞のズボン
◆白黒ストライプもしくはシルバーグレーのネクタイ
◆白のポケットチーフ
*綿のもので、折り方は3つの角をポケットからのぞかせる“スリーピークス”が一般的。

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://wedding-vest.info/


◆ウィングカラー(立ち襟)のシャツ
*レギュラーカラー(多くの男性が仕事用として着用している一般的な“Yシャツ”)でも問題ありませんが両家の父親で襟のタイプは統一させるのがベター。
 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://www.novianovio.com/

 
◆黒基調の縦縞もしくは黒の靴下
◆黒のストレートチップの靴

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://matome.naver.jp/


◆白蝶貝もしくはパールのカフスボタン
 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


https://www.amazon.co.jp/


 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://www.tasaki-shop.jp/


◆白の手袋
*手で持つのみで、手にはめる事はありません。
 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://global.rakuten.com/


◆黒もしくは白のサスペンダー
◆黒もしくは白のアームバンド
 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://www.crsfco-yazawa.com/

衣裳とあわせてこれらの小物類も忘れずに用意しましょう。

レンタルvsオーダーメイド徹底比較

モーニング・コートを既に持っているのなら問題ありませんが、お持ちでない場合、レンタルするか、オーダーメイドで購入する必要があります。
「着る機会は1度のみだしレンタルで!」「兄弟もいて今後も着るのでオーダーメイドで!」
レンタルかオーダーメイドか、ぜひそれぞれのメリット・デメリットを吟味して、晴れの日の服装を考えてみてください☆

レンタル

レンタルの相場価格

レンタルの料金相場は約4万円と言われています。
コート、ベスト、ズボンのみなのか、セットで必要になる小物類も合わせてレンタルするのかでレンタル料も少し変わってきます。

レンタルのメリット

▷式場でレンタルすれば、当日の手荷物が少なくて済む。
 (他の貸衣裳店でレンタルしても、配送手配をしてくれる会場もあります。)
▷万が一試着に行けなくても、サイズを伝えればお見立てで用意してもらえる場合がある。
▷レンタル予約の空きがあれば、結婚式直前でも借りる事ができる。

レンタルのデメリット

▷より近いサイズでの着用になるため、見た目も着心地もフィット感に欠ける場合がある。
▷生地が選べない事が多いので、夏は暑かったり、冬は寒かったりする事がある。
▷レンタル用モーニング・コートのデザインは1種類で選べなかったり、選べても数少ない中から選ぶ事が多いので、好みに添わない場合がある。

レンタルの手順

[レンタルする時期]
モーニング・コートのレンタル予約を入れるタイミングは、結婚式の半年前から2ヶ月前くらいまでに試着に足を運んで行うのがちょうど良いでしょう。
結婚式が近づけば近づくほど、他のお父さまのレンタル予約が先に入ってしまう可能性が高まりますし、結婚式直前は何かとバタバタするもの。
また、結婚式場でモーニング・コートをレンタルする場合、花嫁さまと新郎さまの衣裳料金の請求書に父親の衣裳レンタル料も一緒に記載することが多いため、精算の関係で1ヶ月以上前にはレンタル予約を済ませておきたいところです。
体型が変わりやすいなどの場合はギリギリでも良いですが、余裕を持って手配しましょう。

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像

https://fashion.nanapi.com/

[レンタルするところ]
モーニング・コートをレンタルするお店は自宅の近所の貸衣裳店でももちろん良いですが、結婚式を挙げる式場で借りられるのなら、そこでレンタルするのがやはり一番便利です。
まず、当日結婚式場へのモーニング・コートのお届け、結婚式後の引き取りの手配が省けます。
そして、たとえば当日披露宴中にお料理で汚してしまった、というような事があっても、式場がある程度対応してくれます。
私が働いていた結婚式場でも、他の貸衣裳店でレンタルされたモーニング・コートを汚してしまったので落としてほしい、とか、シワがついてしまったのでアイロンを当ててほしいとお願いされても、基本的には手を施せませんでした。汚れ落としの薬剤やアイロンの熱で衣裳に何かあってはいけないからです。

オーダー

オーダーの相場価格

オーダーメイドで一式購入するとなると約13万円と言われています。
生地やデザイン、小物類の購入によっても購入価格は前後してきます。

オーダーのメリット

▷ピッタリのサイズで着ることができ、見栄えが良い。着心地も良い。
▷素材やデザインを選べる。
▷一生に一度の思い入れのある記念の一着をいつまでも手元にとっておける。

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://tagsecond.com/

オーダーのデメリット

▷結婚式当日、自分でモーニング・コート一式を持参、持ち帰りする事になる。
 (受け取り、お送りの配送手配の対応をしてくれる会場もあります。)
▷自宅でのメンテナンスが必要。
▷次に着るときに体型が変わってしまうと、サイズのお直しが必要になる。

オーダーの手順

[オーダーする時期]
結婚式の半年前から3ヶ月前くらいまでに衣裳店に足を運ぶのがよいでしょう。
フルオーダーかセミオーダーによって差は生じますが、採寸後に発注してから出来上がりまでにかかる時間が約1ヶ月という衣裳店が多いようです。
体型が変わってしまっても良くないのであまり早すぎず、かつ、お仕立て上がり後のチェックまでゆとりをもって、あまりギリギリにならないタイミングで準備を始めるのがベター。
合わせて小物の購入も忘れずに。
購入だからこそ、ネクタイの柄やカフスにこだわりをもって選んでみるのも良いですね◎

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://ikumen-sim.net/

[オーダーするところ]
モーニング・コートをオーダーメイドする場合は、フォーマルウェアオーダーメイドのお店をインターネットなどで探してみると良いでしょう。
紳士服店などでは、スーツのオーダーメイドは取り扱っているけれど、モーニング・コートのオーダーは取り扱っていないというお店も多いのでご注意を。

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像

http://www.tm-dandy.com/

家族みんなにとって最高の1日を

結婚式は花嫁さま、新郎さまと同時に、双方の家族にとっても晴れの舞台。
お父さまにも、それにふさわしい服装をお召しいただきたいのは当然ですが、お父さまのご意向や、双方のお父さまの服装の格を揃える配慮も大切にしながら、一生に一度の大切な日を迎えましょう☆

 <ドレススタイリストが教える>ジェントルマンなお父さまになるための「モーニング」のマナー で紹介している画像


http://withloveandpetals.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWeddingTipsをフォローしよう!