お父さんとバージンロードを歩くのが夢♥
彼とのファーストバイトはびっくりするくらい大きなスプーンで♥
大切な友人たちと写真をたくさん撮りたい♥…など、結婚式を挙げるにあたって色々な想像をしちゃいますよね。
そんな、楽しくて幸せな結婚式を挙げてほしいからこそ!式場選びが大切です。
そこで今回は、ブライダルフェアで見落としがちなポイントや当日の注意点を、元ウエディングアドバイザーがお伝えします!

当日の注意点

ブライダルフェア当日♪
有意義な1日になるように、まずは注意点をお伝えしますね。

服装

服装からすでにブライダルフェアでの勝ち組と負け組に分かれます(笑)
しっかり確認して、今からブライダルフェアのコーディネートを考えましょう!

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

足元のお洒落で失敗

ブライダルフェアってワクワクしちゃう!
お洒落な格好で行きたい!
もちろんかまいません。おふたりの記念写真を撮ってくれる式場もあるのでぜひお洒落していきましょう。
しかし、ピンヒールの靴や、買ったばかりの靴は避けましょう。
広い式場内を見学することになるので、足が痛く疲れてしまっては、頭も疲れて情報が耳に入りません。
披露宴会場数が多い、大きな庭園がある式場は特にたくさん歩く可能性があります。
ブライダルフェアに最低でも6時間かかる式場もあるんですよ!

気を抜いて失敗

よし、じゃあ歩きやすいようにジーパン、靴はスニーカーで行こう!
・・そうしたい気持ちもわかりますが、これもブライダルフェアに相応しくありません。
ここは結婚式場です。土日であれば、大体の式場は結婚式をおこなっています。
あなたが着ている服装は、フォーマルな場所に適していますか?
実際にあった話ですが、鳶職の旦那様がそのままの格好でブライダルフェアに参加しようとして、プランナーも困ってしまったということがありました。

夢いっぱいのブライダルフェアにはどんな服装で行く?スタイリング徹底解説☆

持ち物はカメラとメモを

カメラ、または携帯電話でたくさん写真を撮りましょう!メモ帳に残すのでもいいでしょう。
「写真撮っていいんですか?」とよく聞かれますが、もちろんOKです。
特にブライダルフェアは会場全体のコーディネートを華やかにしている場合が多いので、
むしろたくさん写真に残しておきましょう!

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

お写真撮影ポイント

挙式をおこなうチャペル・神殿や、披露宴をおこなう披露宴会場はきっとみなさん撮られるかと思いますが、大切にしてほしいキーワードが「ゲスト目線」です。

  • ゲストの待合室、招待予定人数に対して椅子やスペースはきちんとありますか?
  • 子供連れが多い場合、お手洗いの使い勝手、授乳室はありますか?
  • お年を召した方が多い場合、段差が多くないですか?エレベーターはありますか?

忘れないように、写真に残しておきましょう。
“ゲスト”になったつもりで、ブライダルフェアを体験してみてくださいね。

ブライダルフェアの内容

ブライダルフェアの内容には様々なものがあります。
チャペルでの模擬挙式、模擬披露宴、無料試食、試着体験、相談会などです。
内容にボリュームがあるほど時間もかかりますがその分安心して式場を決めることができます。

では、それぞれのイベントについてのチェックポイントをお伝えしますね!

模擬挙式

チャペル、または神殿で、入場から退場までの流れを見ることができます。
ここでは、まず広さについて。

  • ネットや雑誌で見たよりも天井が低く感じる
  • 退場時のフラワーシャワーに憧れていたけれど、衛生上できなかった
  • バージンロードが短くてお父さんと歩く距離が短くなってしまう

など、できるだけ当日をイメージしてみてください。
また「友人にたくさん写真を撮ってほしかったけど写真撮影禁止だった」という式場もありますので、確認してみてくださいね。

模擬披露宴

披露宴会場内で、主に入場から場合によってはキャンドルサービスなどの演出を見ることができます。
模擬挙式と同様、ご友人の結婚式に参加しているような気分で見ることができます。

また白基調の披露宴会場であれば、テーブルクロスの色やお花でガラッと雰囲気が変わって、自分好みの雰囲気になるのでお好みの色や雰囲気があればプランナーに相談をしてみてくださいね!
きっと写真でご案内してくれます。

また、ガラス張りで解放感がある披露宴会場の場合、みなさん雨を心配されますが、正直気になりません。
むしろ、写真を撮ったときに逆光にならないか、何枚か色々な角度で写真を撮って確認できると安心です。

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

無料試食

ブライダルフェアと言ったら試食!というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
「ゲストに美味しい料理を食べてほしい」ゲスト想いのみなさんなら一度は思うはず。
しかし、料理の味って難しいんですよね。
ミシュラン三ツ星だから安心……するのはちょっと早いかも。

今では、フレンチと和食を融合させたフレンチジャポネというジャンルの料理や、フレンチでもフォークやナイフで緊張しないようにお箸もセットすることができます。
どういったスタイルが多くなってきているのか、プランナーに相談してみるとよいでしょう。

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

試着体験

あまり多くはないですが、実際にドレスや着物を試着できるブライダルフェアもあります。
ドレスと一言で言っても様々なタイプがありますし、着物も、白無垢、色打掛などの種類があります。
そして、ブライダルインナーやコルセットをつけるとこんなに苦しいものか・・と、その日からダイエットを始める花嫁さまもいらっしゃいます(笑)
また、ご懐妊の方はお腹周りが苦しくないか確認することもできますね!

相談会

ブライダルフェアには必ず相談会があります。
希望日程の空き状況の確認や、簡単な初期見積り表を作ってくれます。

特別な演出を希望している方は、相談会で必ず確認をしておきましょう。

  • 家族同然の愛犬も一緒に参加させたい、ペットは大丈夫?
  • 余興で友人が和太鼓を披露してくれることに!大きい音は出せる?
  • 地元のお酒をゲストに振る舞いたい、持ち込みは可能?
  • ドレスは着たいブランドが決まってる、持ち込みは可能?持ち込み料は?

不安を全て解消できるように、ブライダルフェアへ行く前に疑問点を探してみるといいですね!

私が思い出に残っている演出は、「おふたりの大好きなアルパカと一緒に結婚式をしたい」
当日、のほほんとした顔のアルパカが、披露宴会場横のお庭で待機していたそうな(笑)

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

見積もりについて

「最終的に初期見積りから100万上がった」なんて話はよくあること。
でも、どうしてそんなに上がっちゃうの?と不安なあなた、上がるポイント教えます!

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

料理&ドリンク

「ここで節約したらゲストに申し訳ない」と思う気持ちは山々ですが、安価なコースだと1万円前後。
無理して高価なコースでなくても、ゲストをしっかりとおもてなしすることができます。
ですが、後から「思っていたのと全然違った!」とならないように、見積もり時点でコースの内容を確認しておくとgood。
また、ドリンクは種類豊富だとやっぱり喜ばれますね。可愛いウェルカムドリンクや、主賓の方がお酒が好きであれば、ビールや焼酎を種類豊富に用意すると良いかもしれません。

装花

お花の値段はピンキリで、欲張ると面白いくらいに見積書の金額が上がります(笑)
ただ、高砂の卓上装花やゲストテーブルの卓上装花を抑えてしまうと後日できあがった写真を見てきっと感じることでしょう「華(花)がない・・」と。
お花に少しボリュームを持たせた方が雰囲気は華やかになって素敵ですが、金額が心配であれば、コーディネート次第で少量のお花でも気にならない方法を考えてみましょう。

  • アリスをテーマに!トランプをばらまいてみよう。EAT MEのクッキーも置いてみては?
  • リゾートが大好き!貝殻や、小瓶に砂を入れて海を再現
  • 和を表現したい!毬や百人一首のカード、和柄の千代紙で鶴を作ってみよう

ちなみに私が面白いと感じたものは、卓上に装花は一輪もなく、それぞれのテーブルにドラクエの町が表現されていました(笑)
残念ながら私はドラクエに詳しくないのですが、ドラクエファンにはたまらない光景だったようで、たくさん写真を撮られていました!

また、結婚式をする季節に合わせてのテーブルコーディネートも可愛くて統一感が生まれますよ!

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

写真

あらかじめ見積もり書に入っているスナップ写真の枚数や、ムービーの有無を確認しましょう。
結婚式後に「もう少し写真残したかったね」という声も少なくないです。
一生に一度の晴れ舞台、特に花嫁さまはヘアセットもメイクもとても綺麗ですし、なによりおふたりの最高の思い出をたくさん残せるので、少し欲張るくらいをお勧めします。

でも一番大切なのは・・

ここまで様々な注意点やポイントをお伝えしましたが、一番大切なのは「楽しむ気持ち♡」
ブライダルフェアでの極意を身につけたあなたは改めて参加しているイメージがもてたのではないでしょうか。
また、彼、彼女との素敵な想い出にもなります。ぜひたくさん話し合って、幸せな結婚式を挙げてくださいね!

 プロの目線でアドバイス!ブライダルフェアではここをチェックして! で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWeddingTipsをフォローしよう!

hanayume