披露宴では、おふたりのご友人や職場の方などが出し物をしてくださる余興を行うことがよくありますね!
おふたりへのメッセージがつまったサプライズムービーや、ダンス、歌など様々な余興が思いつくのではないでしょうか。

しかし最近では、余興は「準備の時間がかかってゲストの負担になってしまう」と、歓談の時間を多く設けたり、余興をしない披露宴も増えてきました。

「でもやっぱりゲストみんなで楽しめる時間がほしい……」

そんなゲスト思いなおふたりに、今回はゲストではなく、スタッフやプロの方に協力してもらう楽しくて盛り上がる余興をご紹介します!

 プレ花嫁さま、心配なら検討を!ゲストの負担にならない結婚式の余興とは!? で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

お料理重視のおふたりは要チェック!

よく「料理重視なんです」というおふたりのご希望を聞きます。
でも、お料理って味や品数だけではありません。
お料理のパフォーマンスを余興にして、みなさまを楽しませましょう♡

シェフからのおもてなし「フランベ」

フランベというのを、ご存知でしょうか。
調理の仕上げにアルコール度数の高いラム酒やブランデーをフライパンに入れることで、一気にアルコールを飛ばして香り付けをする調理法なのですが、その際に炎がブワッと上がるのが迫力があり、とても盛り上がる余興のひとつです。
炎が上がるので、会場内の照明を暗くしておこなわれることが多いです。

オープンキッチンがある披露宴会場であればキッチンで、なければフランベ用のテーブルをセッティングしておこなわれます。

また、ご新郎さまご自身がコックコートに身を包み一緒にフランベをして、そのお肉をゲストに振る舞う演出も人気がありますよ。

 プレ花嫁さま、心配なら検討を!ゲストの負担にならない結婚式の余興とは!? で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

カクテルコンペティション

こちらの余興は、おふたりやゲストがお酒好きだと特に盛り上がります!

まずバーテンダーを手配しましょう。
そこから方法は様々ありますが、ゲストを何名か指名して好きなキャラクターなどのお題を出してもらい、そのお題に合ったカクテルをバーテンダーに作ってもらう……というのがカクテルコンペティションです♪
BGMに合わせてシェイカーを振り出した瞬間からカクテルが出来上がるまで、ずっと盛り上がるのも魅力のひとつ!

最後にご新郎さま、または新郎新婦さまおふたりがシェイカーを振って仕上げるのもいいですね!
負担のないノンアルコールであれば、その場で一気飲みしてもいいかも!?拍手喝采になること間違いなしですよ!(笑)

キッチンライブビューイング

キッチンにカメラが入り込み、シェフがこれから作るお料理の説明をしてくれるという余興。
実際に映像で見ると、お料理への期待感も上がるし、なんだか安心感も生まれますよね。

私が実際に参列して見たときには、ライブビューイングにてお料理の説明の後、そのままシェフが披露宴会場に来てくださり、メインディッシュのお肉料理をご新郎さまとフランベするという余興で、会場全体がとても盛り上がっていました!
フランベの炎が大きすぎて、腰が引けて怖がっている新郎さまのそのご様子に会場に大きな笑いが生まれました♪

 プレ花嫁さま、心配なら検討を!ゲストの負担にならない結婚式の余興とは!? で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

インパクトを残したいならやっぱりこれ!

続いて…インパクト大!の賑やかな披露宴にしたいおふたりにぴったり♡そんな余興をお伝えしますね♪

フラッシュモブ

最近では日本でもフラッシュモブの余興が増えてきましたね。
今回は、スタッフと新郎新婦さまおふたりで作り上げるフラッシュモブの例をお伝えします!

私が以前見たことがあるのはこちら。

披露宴中、突然の音響の不備でBGMが止まり、慌てて駆け寄るスタッフ……機材をいじると別の音楽が流れスタッフが踊り出す!
そんな状況に驚くおふたり…ですが、ご新郎さまも踊り出し、更に驚く花嫁さま…と思ったら、サビで大胆に踊り出す♪
実はこの花嫁さま、元チアガールでダンスがとってもお上手だったんです!
すごく楽しい余興で、今でも印象に残っています。
もちろん、ダンスが得意でないおふたりでも大丈夫!ゲストを喜ばせたいという気持ちが、とてもよく伝わる余興ですよ。

<元ウェディングプランナーが教える>結婚式でフラッシュモブってどうやるの?

ここはコンサート会場?

おふたりで共通の好きなアーティスト、もしくは花嫁さまが好きなアーティスト←このパターンが比較的多いです(笑)に沿った演出をする余興です。
エグザイルがお好きなおふたりは、再入場の際にみなさまにフラッグを振ってもらい(ライブでファンが振っているそう)、そのままガーデンスペースに移動し、踊っていました。

また、ジャニーズがお好きな花嫁さま、特製の手作りうちわを各テーブルに置いて、みなさまに自由に使っていただいていました!
「○○(花嫁さまの名前)、こっち向いて!」や「○○(ご新郎さまの名前)投げチューして!」など。
口をあんぐりしながらこの記事を見ているおふたりもいらっしゃると思いますが、披露宴って様々なカタチがあるんですよ♡(笑)

 プレ花嫁さま、心配なら検討を!ゲストの負担にならない結婚式の余興とは!? で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

実は結構いる?余興したがりなご友人♡

ゲストに負担かけないようにと、余興をゲストに頼まないおふたりも多いですが、実は話をしてみると「え!俺やるよ!」と自ら立候補してくださるご友人も多かったりします♪

趣味や仕事柄、写真を撮ったり映像を作るのが好きだったり、ダンスの振り付けをして披露するのが好きだったり。
「ご友人と一緒に作り上げる結婚式」も、とても素敵ですね♡

おふたりの結婚式に一番合う余興を実現させてください♡

正しく知ってる?結婚式の余興のお願い&お礼の仕方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWeddingTipsをフォローしよう!

hanayume