おめでた婚の結婚準備の進め方について、前編では結婚式を挙げるタイミングや、段取りについてご紹介しました。

今回の後編ではおめでた婚を挙げるときの会場選びのポイントや、マタニティ花嫁さま注目のドレス選びのポイントについてご紹介していきます♪

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像
結婚と赤ちゃん、両方の幸せを一度に迎えることになったプレ花嫁の皆さま、ご婚約おめでとうございます。 これからいよいよマタニティプレ花嫁さまとして結婚の準備が始まりますね。結婚

【おめでた婚の会場選び】にもポイントがある!

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

マタニティ花嫁さまの場合、やっぱり結婚式場選びにも気を付けておきたいもの。
なぜなら、結婚式を挙げるであろう時期の妊娠中期〜後期にかけてはお腹もどんどん大きくなり、お腹が張ったり足が浮腫んだり、腰痛に悩まされるなど、プチトラブルの連続です。
結婚式場選びだって身体の変化に合わせて、妊婦さんに優しい結婚式場選びをしておく必要があるんですよ♪

ここでは、マタニティ花嫁さまが結婚式場を選ぶときのポイントについてご紹介します。

マタニティプランはとっても心強い味方

多くの結婚式場で打ち出している「マタニティプラン」は、マタニティ花嫁さまにとってお得になったり、嬉しいサービスが付いていたりなど、是非使って欲しいプランです。

マタニティプランの内容は結婚式場によって様々です。例えば……

  • 結婚式に必要なものが多数含まれている分かりやすい価格設定
  • 突然の体調不良等にも対応出来るように、個室を準備
  • 打ち合わせ労力軽減のため、駅からのタクシー代を式場側が負担
  • 担当プランナーは妊娠経験者や、おめでた婚の担当経験が豊富
  • 1ヶ月以内の超短期間でも準備可能なスケジュール設定

など、お値段もお得だったり、妊婦さんのトラブルにも即座に対応出来るベースを整えていたり、マタニティならではの不安を解消してくれる内容になっています。マタニティプランの詳細は各会場のホームページなどをチェックしてみるのが良いかも。

つわり時期の会場見学は大変!そんな時は相談カウンターに頼る

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

個人差はあるものの、妊娠が発覚したと同時に多くの妊婦さんを悩ませる悪阻。結婚式場を探しに行きたくても、悪阻でなかなか動けない場合もあります。それに1日に何会場も見学に行くのは、妊婦でなくてもかなり体力を使うもの。妊娠中なら、尚更身体への負担は否めません。

そんなときに頼りになるのが、相談カウンターです。近隣の結婚式場の情報が網羅されていて、条件や理想のイメージを伝えると、希望にあった結婚式場を紹介してくれます。気になった会場の見学予約などもすべて、カウンターのスタッフが行ってくれるんですよ♡
更に、その式場を気に入れば結婚式の予約も担当者が入れてくれます。

妊娠初期のプレ花嫁さまには、負担にならない効率の良い会場探しに相談カウンターを頼ることはおすすめの方法!
場合によっては、ビッグ特典や割引などお得なチャンスに巡り会えることも♪

2017年11月30日まで♡定員到達まであと少し!

Wedding TipsがおすすめするHanayume(ハナユメ)は、人気式場のマタニティ花嫁さまにおすすめのブライダルフェアを超簡単に!探すことができるんです♡
今なら、ブライダルフェアへの予約・見学で、最大33,000円分の商品券が条件クリアで必ずもらえるキャンペーン開催中!ブライダルのプロである私たちがおすすめするカウンターですので、もちろん押し売りなどありません!
先着1000組限定ですのでお早めにご予約を♪

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

冷えは大敵!温かさが保てる会場を

妊婦さんにとって冷えは大敵です。冷えは、血液循環を悪くさせ足が浮腫みやすくなったり、お腹の張りも起こしてしまうなど良いことはひとつもありません。
だから、結婚式場を探すときにもこの冷えについては気を付けておきたいポイント。結婚式が秋から冬、春先の場合にはガーデンで長時間過ごすようなウェディングスタイルは避けておくべきです。

寒さが感じられるシーズンに結婚式を挙げる場合には、極力屋内で温かく過ごせるような結婚式場を選びましょう。

結婚式当日の移動は負担大!会場見学で導線もチェック

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

おめでた婚を挙げるための式場見学は、新郎新婦さまのお控え室からチャペル、披露宴会場などの移動距離や導線もチェックしましょう。
移動の距離が長かったり、階段での上り下りが多い会場は出来れば避けた方がベター。

妊娠も中期に入るとお腹が大きくなり出し、身体に少しずつ負担を与えるようになってきます。妊娠中の適度な運動は良しとされていますが、あまり動き過ぎるのは良くありません。増してや、結婚式の時は慣れないドレス姿。結婚式当日の移動は、マタニティ花嫁さまにとって大きな負担となります。

結婚式場の見学の際には、担当者にマタニティであることを伝え、導線についても詳細を確認するようにしてくださいね。

マタニティプレ花嫁がドレス選びで注意しておくべき4つのこと

マタニティとはいえ、やっぱりドレスは理想のものを探したいですよね!でもあなたは花嫁さまでもありますが同時に、お腹の赤ちゃんのお母さんでもあります。自分の好みに加えて、赤ちゃんの成長にも寄り添ったドレス選びをすることが大切なんですよ。

そこで、マタニティ花嫁さまがドレスを選ぶときに心掛けておいて欲しい4つのポイントを紹介します。

お腹の赤ちゃんの成長を考えたドレスラインを選ぶ

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

マタニティ花嫁さまにおすすめのドレスラインは、エンパイアラインです。エンパイアラインのドレスは胸下でシェイプされ、そこから下はストンと落ちるようなラインに。他のドレスと違い、ウェストの締め付けが無く、更にウェスト周りがかなり緩いラインになっているので、デザインや妊娠週数次第では一見マタニティだと分からないものもあります。
エンパイアラインであれば、妊娠7ヶ月くらいなら補正はしなくても既存のドレスで対応出来ることも多く、デザイン展開も沢山あるのでおすすめです♪

<元ドレススタイリストが教える>ウェディングドレス種類別レッスン【エンパイアライン】で理想の花嫁に♡

ドレスはデザインも大切!でも動きやすさはもっと大切!!

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

マタニティ花嫁さまがドレスを選ぶときに注意しておいて欲しい点、2つ目は「動きやすさ」です。ドレスのデザインによっては、足元がかなりごわつき非常に歩きにくくなっています。出来ればごわつきがちなパニエを使用しなくても良いデザインで、しなやかな素材のドレスを選びましょう。また、ヒールの高い靴を履かないと着こなせないドレスも避けておくべきでしょう。お腹が大きくなると身体の重心バランスも変化します。結婚式本番中に、転倒などしては大変です!

私が担当させていただいたマタニティ花嫁さまにも、やはり歩きにくいドレスをチョイスされる方がいらっしゃいました。
しかし、歩きにくいと足元を気にしなくてはいけないので、上半身が前傾姿勢になりがちになってしまうんです。
無意識の微妙な前傾姿勢は、腰に負担を掛けてしまいます。披露宴途中から腰痛になってしまったり、歩きにくさからつまづきかけることも多数……。
そんな場面を沢山見ているので、是非これからドレス選びを控えているおめでた婚の花嫁さまには動きやすさもドレス選びの重要ポイントとして心掛けて欲しいです。
試着の際には少しサロン内を歩いてみて、動きやすさもチェックしてくださいね。

マタニティ専用のウェディングドレスを選ぶ方法もある

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

ここ数年、マタニティ専用のウェディングドレスを取り扱うドレスショップも増えてきました。それまでのマタニティ花嫁さまは、お腹周りの締め付けが緩いものや、お腹の膨らみが目立たないドレスラインなどをポイントに、既存のデザインの中から選んでいました。

しかし昨今のおめでた婚増加により、マタニティ花嫁さま専用のドレス展開がグンと広がっています。マタニティ専用ドレスの特徴は、妊婦さんに優しい配慮がされているところ。例えば……

  • 妊娠中はブライダルインナーでボディメイクが出来ないので、代わりにドレスにワイヤーが内蔵されていてドレスラインを綺麗に見せてくれている
  • 動きやすいように腰回りの素材にストレッチ性のものを使用する

など、既存のドレスには無い細かい配慮がされていることで、マタニティ花嫁さまにも安心して着用出来るドレスになっています。

結婚式場で取り扱いが無い場合には、外部から持ち込むという手もあります。
ただし、持ち込みの際には持ち込み料を支払わないと行けない場合があるので注意しましょうね。

結婚式の節約術レッスン 〜持ち込み編〜

最終フィッティングは出来る限り結婚式の直前に!

 結婚式を笑顔いっぱいで迎えるには!【おめでた婚】結婚準備の進め方〜後編〜 で紹介している画像

引用:https://www.shutterstock.com/

マタニティ花嫁さまの最終ドレスフィッティングは可能な限り結婚式の直前に行いましょう。妊娠も中期から後期に差し掛かると、どんどん赤ちゃんは成長し、それに合わせてお腹も大きくなります!
「先週は入っていたドレスが、今週は入らない!」何てこともありえるのです。

通常、ドレスの最終フィッティングは挙式の1週間前くらいを目安に行われます。もちろん1週間前でもダメではありませんが、ドレスのスタッフと相談しつつ出来る限り結婚式直前にスケジュールを調整する方が安心ですよ。

おめでた婚は会場選びもドレス選びもポイントを押さえて楽しく準備を☆

おめでた婚の結婚式準備をもっと楽しく充実させるために、主に会場選びとドレス選びのポイントについてご紹介しました。

マタニティ花嫁さまは、結婚と赤ちゃんで嬉しさ2倍!しかし同時に、不安や心配も2倍かもしれませんね。でも、大丈夫ですよ。こうしてポイントさえ押さえれば、結婚式の準備はスムーズに楽しく進めることが出来るんです。

赤ちゃんが産まれたら「あなたがお腹にいるときに、パパとママはこんな楽しい結婚式を挙げることが出来たんだよ♡」と、家族みんなで笑顔で振り返ることが出来るよう、素敵な結婚式を挙げてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWeddingTipsをフォローしよう!