今、ウェディングの現場で花嫁さまにとって必須アイテムとなりつつあるカメラマン指示書
結婚式の写真の満足度を100%にするには、カメラマン指示書はとても重要です!
今回は、そのカメラマン指示書について、現役ウェディングプランナーが徹底解説!
カメラマン指示書とは?一緒に、その全貌を探りましょう♥

カメラマン指示書とは?

 結婚式の写真で後悔したくないなら、カメラマン指示書は必須! で紹介している画像
カメラマン指示書って、聞いたことありますか?
指示書と聞くと、なんだか難しいように聞こえますが……
分かりやすく言うと、結婚式で撮影してほしい写真をリストアップしてまとめ、事前にカメラマンに撮影を依頼するツールです。
このカメラマン指示書、今プレ花嫁さまの間で大変重要視されているアイテムなのです!
ちなみに、結婚式にカメラマンをどうしても外注にして持ち込みたい……そんな花嫁さまはこちらをご覧ください。
持ち込みについてのイロハを載せています。

結婚式の節約術レッスン 〜持ち込み編〜

なぜカメラマン指示書を作るの?

 結婚式の写真で後悔したくないなら、カメラマン指示書は必須! で紹介している画像
一生に一度の結婚式!
その思い出として、結婚式の写真は生涯残せる大切な記録になります。
結婚式が終わった後に、写真を見返すと、その時の楽しい思い出がたくさんよみがえってきますよね。
ウェディングの現場でも、写真撮影をプロに頼まれる花嫁さまは、ほぼ100パーセント!
今や、結婚式の写真撮影は誰もが頼む、大人気のアイテムです♥
でもその結婚式の写真、後々後悔している花嫁さまがいらっしゃることをみなさまご存知でしょうか。

後々後悔したくない!

例えば、結婚式後、カメラマンが届いた写真を見て「こんな写真が欲しかったのに、撮れていなかった」という話を聞いたことがあります。
とは言え、そう思ったときは時すでに遅し。
結婚式は終わってしまっているもの。
どんなに願っても、その時に戻ることは出来ないのです。
だからこそ、結婚式の写真で絶対に後悔はしたくないですよね。
また、結婚式の当日はバタバタしていて気持に余裕もなく、こんなショットが欲しい!というのは中々思いつかないもの。
あるいは、こんな写真を撮りたい!と思っていても、ついついお願いするのを忘れてしまっていた……なんてことも。
そんな後悔をしないようにおすすめしたいのが、事前にしっかりと要望を伝えておくことが出来る、カメラマン指示書なのです。

意外な落とし穴!?インスタの見すぎに注意!

そもそも、カメラマンもプロなので、ある程度定番の人気カットは撮ってくれるはず!
ウェディングの現場にも慣れていますし、写真はお任せでもいいように思いますが、後々後悔する花嫁さまがいらっしゃるのは一体なぜなのでしょう。
その原因のひとつに、結婚式の情報収集として大活躍しているインスタグラムがあげられます
例えば、インスタなどにアップされているオシャレなウェディング写真。たくさん見るうちに、そんなおしゃれすぎる写真が当たり前のように感じてしまうもの。
……でも、ここが注意!
インスタグラムで見かける写真は、数ある中から選ばれた特別な写真。
全国の中でもトップクラスのおしゃれ花嫁さまたちのこだわりぬいた写真であることを、決して忘れてはいけません。
見ていて、こんなカットが欲しいというものは、必ずカメラマン指示書でリクエストしましょう!

 結婚式の写真で後悔したくないなら、カメラマン指示書は必須! で紹介している画像

カメラマン指示書の作り方

次は実際に指示書作り♥
カメラマン指示書はどのよう作成すればよいのでしょうか。

まずはイメージ集めからスタート

実際に指示書を作ろうとしても、どんな写真が撮りたいのか、すぐには思い付かないですよね。
そんな時は、まずは色々な媒体を見ることから始めましょう!
例えば、インスタ、ネットの情報サイト、雑誌、アプリなど。
今、ウェディングに関する情報は周りに溢れていて、いつでもどこでも気軽に情報収集が可能です。
色々と見て、まずは、これいいな!と思った写真をpickup!
ひたすら保存をしていきましょう。

まとめ方は、携帯にウェディング用のフォルダを作ってためていくもよし!
オリジナルノートを作って、切り抜きを貼っていくもよし!
直前に焦ってしまわないように、結婚が決まったタイミングから早めにコツコツためていけるといいですね♥

イメージ画像をつけることも忘れないで!

カメラマン指示書は、文章だけでは伝わりにくいことも。
また、カメラマンと花嫁さまの間で、イメージの相違があることもあります。
そのため、実際にイメージのもととなった写真も付けておくことで、より理想に近い写真が撮れるはずですよ!

作るときのポイントは3つ?知りたい!

 結婚式の写真で後悔したくないなら、カメラマン指示書は必須! で紹介している画像
少しずつ、形になり始めたカメラマン指示書。
より良いカメラマン指示書を作成するための、3つのポイントをご紹介します。

ポイントその1♥多すぎる要望は逆効果?

まず気を付けたいのは、要望が多くなり過ぎていないかということ。
結婚式当日は限られた時間の中での撮影なので、多すぎる要望はNGです。
本来カメラマンは、その場その場の最高のシーンでどうシャッターをきるかを考えています。
そのため、希望ショットが多すぎると、カメラマンも全部撮りきらなければいけない!という使命感に駆られてしまいます。
カメラマンが撮りたいと思った写真や、その瞬間に思い付いたベストショットが撮れないなんてことは、避けたいですよね。
そのため、撮ってほしいという要望は多くても10~15個くらいがベスト!
どうしてもお願いしたい写真が多いときは、リストに書いてもOKですが、優先順位をつけるなどしてあくまでも他の写真に影響しないようにしましょう。

ポイントその2♥撮りたい写真は、シーンごとで考えよう!

撮りたい写真を探すとき、シーンごとに探すとよりイメージが膨らみます。
例えば、入場のシーンを撮ってほしい!と思ったとき、それはウェディングドレスでしょうか?カラードレスでしょうか?
または、感動的な挙式の入場でしょうか?ゲストの笑顔がはじける披露宴の入場でしょうか?
このように、撮りたい写真はシーンごとに作成すると、よりイメージが付きやすくなります。
ちなみに、結婚式当日は、下記のような流れが一般的。

  • メイクアップシーン
  • 挙式
  • ガーデンセレモニー
  • 披露宴前半
  • お色直し中座中
  • 披露宴後半
  • おひらき後

イメージ写真がすぐに思いつかないときは、シーンごとにイメージしながらまとめていくのもおすすめです!

ポイントその3♥ふたりのエピソードも添えてみよう

撮ってほしいシーンのリストアップはもちろんですが
ふたりの結婚式のコンセプトや、どんなところにこだわって準備してきたか、またゲストとはどういう関係性なのか、そういった背景を添えてみるのもおすすめです。
例えば、あなたがカメラマンだとして、ちょっと想像してみて下さい。
リングピローの写真を撮ってほしいとき…

  1. リングピロー
  2. 小学校からの親友の〇〇が作ってくれたリングピロー。私たち夫婦の名前が彫ってあって、青いリボンがとってもお気に入りです

どちらがイメージしやすいでしょうか?
ちょっとした背景を添えることで、カメラマンのインスピレーションに働きかけることが出来るかもしれません!

実際に現場でおすすめな撮影シーンって?

実際にウェディングの現場で人気の撮影はどんなシーンでしょうか。
現役ウェディングプランナーが、花嫁さまからのご要望が多い人気シーンをいくつかご紹介!

抱きつきショット

花嫁さまがたまらなく可愛い!
大好きな新郎さまにギュー♥
抱きつきショットがおすすめ。
 結婚式の写真で後悔したくないなら、カメラマン指示書は必須! で紹介している画像

ドレスのソロショット

たくさん悩んで選んだ運命の一着。
そのドレスのソロショットを希望される花嫁さまはたくさん♥
実際に着た感じとはまた違ったドレスのソロショット。
結婚式後、愛着のあるウェディングドレスを手放すのはどこか寂しいですが、こうやって写真に残しておくことでずっと思い出に残すことができます。
 結婚式の写真で後悔したくないなら、カメラマン指示書は必須! で紹介している画像

絶対に撮ってほしい人とのショット

出来れば結婚式に来てくれた全員と写真を撮りたいですが
少人数ウェディングでない限り、全員とゆっくり写真を撮ることは難しいですよね。
そのため、親御様やブライズメイドなど、絶対にこの人と撮って欲しい!という人は、あらかじめ要望として伝えておきましょう!
 結婚式の写真で後悔したくないなら、カメラマン指示書は必須! で紹介している画像

指示書を作ったらどうすればいい?

カメラマン指示書ができたあとは、どうすればよいでしょうか。
書くだけで満足ではNGです!
全部撮ってくれるだろうと思っていても、中々そのニュアンスが伝わらないことがあります。
まずはカメラマン指示書をウェディングプランナーに共有し、スケジュール的に可能かどうかを確認しましょう。
そして、可能であればカメラマンと1度事前に会うのもおすすめです。
結婚式場の中には、撮影するカメラマンを指名できる会場もあります。
事前に一度会っておくことで、当日の緊張もほぐれ、直接写真の要望を伝えることも出来ます。
事前に会うことが難しければ、連絡先を教えてもらったり電話で相談するだけでもいいですよ♥
カメラマンにとっても、ふたりという人柄を事前に知ることで、よりふたりらしい写真を撮ってくれることでしょう。

たった20秒の魔法。カラースモークで魅せるオシャレな結婚式の写真アイディア

結婚式当日だけじゃない!前撮りにも役に立つカメラマン指示書

前撮りを検討している花嫁さまは、ぜひ前撮りでも指示書を作ってみて!
前撮りは結婚式当日に比べて時間に余裕があるため、よりおふたりの希望を叶えやすいです。
また、前撮りの写真は、思い出としてはもちろん、プロフィールブック、ムービー、ウェルカムグッズとして使用できるのも嬉しいいポイント。
お気に入りの写真があれば使用する!のではなく
ウェルカムボードでこういう写真を飾りたいから、こんな写真を撮って欲しい!という要望があれば、より理想的なお写真がたくさん残せるかもしれません!

最高の瞬間を一生の美しい思い出にしたい

たくさんの花嫁さまの夢が詰まったカメラマン指示書。
カメラマン指示書を作ることで、花嫁さまの写真への満足度がぐっと上がり、後々後悔というリスクを防ぐことができますよ。
しっかりと、どんな写真が欲しいかイメージを膨らまして素敵な写真を残してくださいね。
データが届いた後は、協力してくれたカメラマンへのありがとうの気持ちを伝えるお礼も忘れずに♥

花嫁であり、母親でもある。ママとその子供たちの愛情たっぷり写真アイディア

花嫁必見♡インスタ映えする写真の撮り方!ウェディングブーケ編

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWeddingTipsをフォローしよう!

hanayume