大好きな彼から贈られた、左手薬指のエンゲージリング♡
大切な指輪だからこそ、普段はなかなかつけられないというプレ花嫁さまも多いのではないでしょうか。
結婚式で結婚指輪を交換したら、婚約指輪をつける機会もさらに減ってしまいそう……。

そうお悩みのプレ花嫁さまには、最近の人気の演出「エンゲージカバーセレモニー」がおすすめ♡

結婚式、指輪はどうするのが正解?

普段はつけていなかったり、大切なときだけつけたり、婚約指輪の扱いは人それぞれ。
ですが、「結婚式で結婚の交換を行うけれど、婚約指輪はどうするの?」と悩む花嫁さまはたくさんいらっしゃいます。

 永遠の愛に蓋をしよう!結婚式で最近人気の演出エンゲージカバーセレモニーが素敵♡ で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

婚約の証♡エンゲージリング

エンゲージリングは、婚約の証として男性から女性に贈られる指輪です。
永遠の愛の象徴でもあるダイヤをあしらった、華やかなデザインが一般的ですね。

プロポーズとエンゲージリングは、乙女の永遠の憧れ♡
その憧れを現実のものとしたプレ花嫁さまだからこそ、エンゲージリングに対する思い入れもたっぷりあることでしょう。

婚約指輪についての基礎知識や選び方は、【知っておきたい基礎知識!婚約指輪の選び方】や【みんなどうしてるの?気になる婚約指輪のお値段、材質、選び方】の記事をを参考にしてみてください♡

結婚の記念♡マリッジリング

マリッジリングは結婚の記念として、お互いに贈り合う指輪です。
指輪の交換は、結婚式のメインイベントでもあります♡

エンゲージリングはプロポーズの幸せを感じる指輪でした。
マリッジリングは、改めて夫婦となったことを実感できる、ふたりの絆を感じる指輪かもしれません。

結婚式当日に婚約指輪はつける?

それでは、指輪交換というイベントがある結婚式では、婚約指輪はどうしたらいいのでしょうか。

 永遠の愛に蓋をしよう!結婚式で最近人気の演出エンゲージカバーセレモニーが素敵♡ で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

婚約指輪もつけておきたい!

「自慢のエンゲージリング、結婚式という大切な日にはずっとつけていたいです。みんなにも見てもらいたいですし」
そうお話してくれた先輩花嫁さまは、結婚指輪との重ね付けを前提として婚約指輪のデザインを決めたそうです。
指輪交換の際も、婚約指輪を付けたままその上に結婚指輪をはめてもらったんですって。

結婚指輪だけでいい!

「夫婦になって初めてつける結婚指輪を大切にしたかったので、婚約指輪はつけませんでした」
こちらの先輩花嫁さまは、挙式の1年近く前に結婚指輪が完成していたそうです。
大切に保管しておいた分、結婚式の指輪交換というセレモニーをとても重要視されていました。
式の途中はつけていませんが、婚約指輪はケースごと持参して指輪の重ね付けカットは撮影されたそうですよ。

なくすのが不安でつけられない

「グローブをつけるのでウェディングドレスのときは婚約指輪がつけられませんでした。お色直しでつけようかとも思ったんですが、つけたり外したりしてなくすのも怖かったので結局なしにしました」
何度も指輪をつけたり外したりしていると、確かに何かのはずみでなくしたらと思うととても怖いですよね……。
日常生活でなくすのと違って、結婚式場だと式終了後は行く機会もなくなるため探すのも大変そうです。
大切な指輪だからこそ、きちんと保管しておくというのも1つの選択ですね。

人気の演出「エンゲージカバーセレモニー」

婚約指輪の取扱いに悩むプレ花嫁さまには「エンゲージカバーセレモニー」をおすすめします♡
エンゲージカバーセレモニーとは婚約指輪を取り入れた演出のことで、とっても素敵な意味のあるセレモニーでもあるんです。

 永遠の愛に蓋をしよう!結婚式で最近人気の演出エンゲージカバーセレモニーが素敵♡ で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

ふたりの永遠の愛に蓋をしよう♡

エンゲージカバーセレモニーとは、指輪交換のあとに新郎さまが改めて婚約指輪を贈るセレモニーのこと。
結婚指輪の輪は決して途切れることがない永遠を意味しています。指輪交換は永遠の愛と絆を誓い合う儀式♡
指輪交換の後に改めて婚約指輪をはめてもらうことで、その永遠の愛と絆に蓋をするという意味があるんです。
とてもロマンチックなセレモニーですよね。

どのタイミングでセレモニーを取り入れる?

エンゲージカバーセレモニーは、最近人気の演出のひとつ。
比較的新しい演出なので、エンゲージカバーセレモニーを知らないゲストもたくさんいると思います。
特別感を演出できる素敵なセレモニーを是非取り入れてみてください♡

指輪交換のあとに♡

指輪交換に続いてエンゲージカバーセレモニーを行う流れだと取り入れやすいですね。
指輪交換の前に、司会者からゲストの皆さまにセレモニーの流れと意味を説明してもらいましょう。
指輪やセレモニーの情報を一覧にして説明用のペーパーを作るのも良いかもしれませんね。

「永遠の愛に蓋をする」セレモニーに、期待値は急上昇!ゲストの皆さまをキュンっとときめかせちゃいましょう♡
誓いの言葉や誓いのキスと合わせて、ふたりの絆がより一層強まりますよ。

POINT

指輪交換の後に行う場合は、指輪を3つ置けるデザインのリングピローがあるといいですね。
婚約指輪はケースのままでも素敵です。

披露宴でプロポーズ再現♡

教会式ではなく、披露宴での演出のひとつとして行うのも素敵です。
その際は、プロポーズシーンを再現するととっても盛り上がります。
再プロポーズとエンゲージカバーセレモニーの説明と流れの紹介を司会者にお願いして、シャッターチャンスのアピールをしておきましょう♡
プロポーズされたときのことや婚約指輪を初めて手にしたときのことを思い出して、今の幸せを心から実感できる時間になりますよ。

POINT

新郎さまが婚約指輪を贈る際にひざまずくととっても絵になります♡
ちょっぴり照れくさくても、思いっきりやる方が写真映えしますよ。
会場BGMをふたりの思い出の曲にして、ふたりの気持ちも盛り上げましょう!

 永遠の愛に蓋をしよう!結婚式で最近人気の演出エンゲージカバーセレモニーが素敵♡ で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

二次会での演出として♡

友人たちと盛り上がる二次会でも、結婚式らしい演出を取り入れたいですよね。
二次会だけ参加の友人たちは、結婚式での指輪交換の演出を見ることができません。
二次会でエンゲージカバーセレモニーを行うことで、結婚式らしさを取り入れることができます♡
新郎さまにお願いして、改めてのプロポーズもしてもらいましょう♡

POINT

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けしたら指輪の披露を行いましょう♡
左手を掲げて指輪を見せて、芸能人気分を満喫できます。
エンゲージリングを自慢できる最高のチャンスでもありますよ。

重ね付けリングで幸せも倍増♡

とってもロマンチックな結婚式の演出、エンゲージカバーセレモニー♡
「永遠の愛に蓋をする」なんて、人気になるのもわかりますよね。

結婚式での指輪の演出といえば、指輪交換がぱっと思い浮かびます。
それにプラスして素敵な意味のあるセレモニーを追加できたら素敵ですよね。
ちゃんと婚約指輪をお披露目することもできて、指輪に対する思い入れが一層深くなりそう♡

まだ見たことない人が多い演出なので、セレモニー前に説明することをお忘れなく!
指輪交換とセットで行ったり独立したひとつの演出にしたり、新しい演出だからこそアレンジも自由自在です。
自分たちらしさをたっぷり取り入れて、結婚式の忘れられない一つの想い出にしましょう♡


クイズ形式?サプライズ?サムシングフォーの演出アイデアまとめました♡】では、サムシングブルーを含むサムシングフォーの演出アイデアをまとめています♡

視覚的にインパクトのあるバルーン演出は【心ときめく結婚式のバルーン演出でみんなの心をつかんじゃお♡】を参考にしてみてください!


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWeddingTipsをフォローしよう!

hanayume