ジューンブライドとは、「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」というヨーロッパの言い伝え。
幅広く知られた言葉なので、ジューンブライドに憧れているプレ花嫁さまも多いのではないでしょうか。
けれど、6月って日本では梅雨時なのが気になっちゃいますよね。
ジューンブライド……雨の結婚式で気になるポイントをこの記事で解決しちゃいます♡

憧れのジューンブライドだけど天気が気になる……

ジューンブライドはヨーロッパの言い伝えです。
その由来については【結婚式はやっぱり6月?誰もが憧れたことのあるジューンブライドの意味と由来】の記事で詳しく説明しているので是非チェックしてみてください♡

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

日本とヨーロッパの天候の違いをCHECK!

ジューンブライドに憧れる気持ちはあっても、まずは冷静に天候のことを考えてみましょう。同じ6月の花嫁でも、ヨーロッパと日本では大きな違いがあったんです。

ヨーロッパのジューンブライドは気候も抜群!

ヨーロッパでの6月って、実はとても気候が良い時期。冬が終わって花が咲き始める時期なんです。
雨が多いヨーロッパで、1年間で最も雨が少なくなるのが6月にあたります。
天気に恵まれて多くの人に祝福してもらえるから、6月の花嫁は幸せになれるという由来もあるそうですよ。

日本におけるジューンブライドは梅雨時……

ヨーロッパとは逆に、梅雨時で雨が多くなるのが日本の6月。
天候がいいからというジューンブライドの由来とは真逆な感じです。
けれど、残念に思うのはまだ早いですよ。
雨だとアンラッキーというのは思い込みに過ぎないんです♡

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

引用https://www.shutterstock.com

結婚式の日に雨が降ると縁起がいい♡

結婚式当日に雨……なんていうがっかりしちゃいそうなシチュエーションですが、実はラッキーなのかもしれません。
雨の日の結婚式は縁起がいいという言い伝え、実はたくさんあるんです♡

♡雨の日の結婚式は幸運をもたらす♡

「Mariage pluvieux mariage heureux(雨の日の結婚式は幸運をもたらす)」というフランスの言い伝え。
神様がふたりの代わりに一生分の涙を流してくれるんだそうです。
これまでの苦労もこれからの困難もすっきり雨で洗い流されて、これからは幸せな結婚生活が送れそう♡
雨とともに天使が舞い降りてくるとも言われています♡

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

引用https://www.shutterstock.com

♡雨に濡れた花嫁は幸せになれる♡

「「Sposa bagnata, sposa fortunata(雨に濡れた花嫁は幸せになれる)」という言葉がイタリアにはあります。
イタリアでは雨は豊穣の象徴なんです。だからこそ、その雨に濡れた花嫁さまも、一生幸せになると言われているんです。
日本でも「恵みの雨」って言いますよね。
幸せの証だと考えると、雨の中でウェディングフォトを撮りたくなっちゃいますね♡

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

♡雨が降らなければ幸せの虹は現れない♡

「No rain, No rainbow」というハワイのことわざ。
雨のウェディングも素敵ですが、結婚式の間に雨がやんで虹が出たらもっと幸せ!
日本の「雨降って地固まる」もそうですが、雨が降ることがもっと良い結果につながることもありますよね。
これから夫婦となって長い人生を共に歩むふたりだからこそ、困難も一緒に乗り越えたいですね♡
また、ハワイでは「結婚式の日に雨が降ると赤ちゃんができる」という言い伝えもあるそうです。

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

引用https://www.shutterstock.com/

♡幸せが降り込む♡

雨が降り込むから「幸せが降り込む」と意味となり、歌舞伎の世界でよく使われるそうです。幸せが振り込む結婚式なんて、縁起がいいことこの上ないですよね♡
その他にも、雨が災いを洗い流してくれるという考え方もあるようです。

♡雨は天からの贈り物♡

雨がないと植物は育ちません。大地を潤す、人間にとっての生命線である雨を、キリスト教の考えでは「天からの贈り物」としています。
また、チベットでは「雨」は「花」に例えられるんですって。だから、雨が降ることを「空から花が降る」と表現するんです。素敵ですよね♡
結婚式の定番でもあるフラワーシャワーやライスシャワーも、雨をイメージした演出なんですよ。

【フラワーシャワーで災いから守る!結婚式の幸せジンクス探してみよう♡】の記事で、フラワーシャワーを始めとした結婚式の幸せジンクスをチェック♡

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

https://wedding-tips.jp/cw_bridal_flowershower/

雨を楽しむ対策を!

雨の結婚式には幸せな言い伝えがたくさんあり、結婚式当日が雨だった方がなんだか嬉しくなるかもしれませんね♪
けれど、結婚式は何ヵ月も前から予約するため当日の天気は分からない。

そこで逆転の発想♡ジューンブライドなら雨を前提に考えられるので対策がしやすいとも考えられます!
ここからは雨の結婚式を楽しむポイントをご紹介します♪

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

会場装花やブーケには紫陽花がおすすめ♡

大きなガクがついた装飾花が集まった紫陽花はとっても華やかな印象♡
ドライフラワーとして取り入れると、アンティーク風でシックな雰囲気にも仕上げられます。
また、ハート型に見える紫陽花が見つかることがあります。
見つかったら結婚式に是非とも取り入れてください♡

♡紫陽花の花言葉♡
装飾花が集まっている様子から、花言葉は「一家団欒」「家族の結びつき」なんです。結婚式にぴったりですよね♡
 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

引用https://www.shutterstock.com

あえて「雨」をモチーフにした演出を♡

ジューンブライドであれば、会場装飾やプチギフトなどは「雨」をイメージにしてみるのも素敵なんです♪
傘やレインブーツは意外と装飾アイテムにぴったり。
いろんな魅せ方があるので、ジューンブライドならチャレンジしたいところです。

【雨だって結婚式の演出のひとつ。雨の日ウェディングを最高の一日にする方法】の記事では、雨の結婚式にピッタリなゲストも喜ぶ可愛い演出をご紹介しています♡

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

https://wedding-tips.jp/wedding-theme-rainyday-idea/#i-17

ゲストへの心遣いを忘れずに

来てくださるゲストのためにも、雨の日用のアメニティはしっかりチェックしておきましょう。
雨でぬれてしまった時の為に、受付やお手洗いにタオルや小さなドライヤー、女性にはヘアアイロンなどを準備しておくと「なんて気が利くんだろう!」と花嫁様の株も上がります♡

また、引き出物の持ち運びが大変だとゲストの不満につながってしまうことも。
雨が降りそうなら引き出物用のビニールカバーを用意しておくと安心ですよ。
引き出物については【引き出物どうする?体験談から導き出す、ゲストに人気の引き出物はコレ!】をチェック☆

雨なら雨の楽しみ方を見つけましょう♡

 憧れのジューンブライド♡だけど、結婚式の日が雨だったらどうする? で紹介している画像

https://www.shutterstock.com/

HAPPYもたくさんある雨の日ウェディング♡
晴れを想定していて、当日が雨になるとやっぱりちょっとショックかもしれません。
けれど、ジューンブライドなら、元々が雨の多い時期なのでしっかり対策を考えられます。
雨を楽しめるような演出や会場装飾を考えてみましょう。
雨なら雨の楽しみ方がたくさんありますよ♡

<ウェディングプランナーが教える>どの時期が一番いいの?結婚式の日取りの決め方【季節編】

意識するだけでワンランクUP!季節感のある結婚式を演出する方法♡~春・夏~

意識するだけでワンランクUP!季節感のある結婚式を演出する方法♡~秋・冬~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWeddingTipsをフォローしよう!

hanayume